電動セニアカー・シニアカーの販売はD-cart

中古電動セニアカー・シニアカーの専門店

お知らせ詳細

コラム シニアカー・セニアカーを手軽にレンタルしよう!

お客様の声詳細
「いつも通る道をシニアカー・セニアカーでちゃんと走れるか試してから購入したい」、「怪我や病気で一時的に歩行が困難になった」、「シニアカー・セニアカーを買っても乗らなかったらもったいない…」、そんなときはシニアカー・セニアカーをレンタルしてみませんか?
シニアカー・セニアカーをいきなり購入するにはハードルが高く感じるときでも、レンタルならもう少し気軽に使い始めることができますので、この記事ではシニアカー・セニアカーのレンタルについてご紹介します。
 

◎シニアカー・セニアカーをレンタルするメリット

中古電動セニアカー・シニアカーの専門店「ディーカート」でシニアカー・セニアカーをレンタルするとさまざまなメリットがあります。
 
○短期利用なら費用が安い
短期利用なら購入と比べて初期費用が安く済むため出費を抑えることができます。
例えばディーカートで人気のスズキET4D7-1のシニアカー・セニアカーは状態が良いものであれば中古品の購入価格は239,000円ですが、レンタルの場合は同じ車種を月々12,800円の3ヶ月契約で38,400円になり、配送料と保険料を合計しても約4分の1程度の出費で済ませることができます。
またディーカートでは納車時と引上げ場所が同一であれば、ご利用終了時の回収料金は頂きません。
例えば持病でしばらく歩行を制限されているときや、腕や腰の骨折など怪我が治るまで重たい荷物を持てずに買い物でお困りのときはレンタルがおすすめです。
購入するより安い金額で気軽にシニアカー・セニアカーを使い始めることができます。
 
○レンタル車の購入も可能
借りたシニアカー・セニアカーの操作や乗り心地に慣れ、これからもレンタルしているシニアカー・セニアカーを乗り続けたいと思ったら、ディカートでは今お使いのシニアカー・セニアカーをそのまま購入することも可能です。
レンタルから使い始める方法を応用すれば、例えばシニアカー・セニアカーを置く場所や近所に危ない場所がないかを乗りながら確認したり、運転が不安な方はまずシニアカー・セニアカーの運転ができるかどうか借りている期間中に検証する使い方ができるでしょう。
乗り慣れたシニアカー・セニアカーをそのまま購入できれば再度慣らし運転をする手間や、返却のための引上げ・購入品の搬入の手間も省けます。シニアカー・セニアカーは一度買ったら早々買い換える機会は少ないので、最初にレンタルで試す方法は金銭的・時間的にも手間を省けて効率が良いでしょう。
 
○レンタル期間中の故障に対応
ディーカートではお客様にご満足・納得頂ける商品をご提供するため、出荷前に50項目以上の整備・点検を行っていますが、使用期間中に万が一初期不良や故障が発生したときは消耗品の交換や代替車を納入しております。
また通常の使用の範囲内で発生した破損や損傷であればご契約のときに加入頂く保険でカバーできますので、車両にトラブルがあったときでも追加費用がかかりません。
 
○車体のメンテナンスから手放しまでワンストップ
シニアカー・セニアカーを購入する場合、修理・メンテナンスの相談や処分・廃棄時はすべて自分で業者を見つけて申し込み、都度費用が発生します。
一方でレンタルなら、シニアカー・セニアカーの修理・メンテナンスの相談や不要になったときは、返却の連絡を当社にするだけで全て解決するのでとてもシンプルです。
またレンタルなら処分費用がかからず、手放す時の出費を心配する必要もありません。
 
○介護保険サービスを利用すればさらに安く利用可能
介護保険サービスを使えば、シニアカー・セニアカーのレンタル費用を抑えることができます。
ただしシニアカー・セニアカーのレンタルについては定められた利用条件や認定・申請手続きがあるので全員が利用できるものではありません。
また介護認定度が変わると返却が必要なときがあるのでご注意ください。
 

◎シニアカー・セニアカーをレンタルするデメリット

一方でシニアカー・セニアカーをレンタルするデメリットもあります。
必ずしも悪い側面ばかりではありませんが、レンタルでお悩みの方にお役に立てばと思い、デメリットに感じられそうなことをご紹介します。
 
○申請した利用者以外が利用できない
シニアカー・セニアカーのレンタル契約は貸渡契約のため、あらかじめ決めた運転者以外が勝手に乗車することができません。そのため例えば、父親がレンタル契約して使っているシニアカー・セニアカーに、契約に名前のない母親やご友人が乗ることはできないのでご注意ください。
 
○次の予約が入っていて延長ができない
シニアカー・セニアカーはレンタル開始前にご希望の利用期間を決めてから契約がスタートします。次の予約が埋まってなく保険の延長や継続が可能なら、貸出し期間の延長をすぐ承れる時もありますが、次にお待ち頂いているお客様がいる時や保険の契約期間の都合上、一度ご返却頂かなくてはならないケースもあります。
できるだけお客様のご希望に沿って対応できればと思いますので、もし延長やご購入をご検討されるようでしたらお早めにご相談ください。
 
○お客様側で改造ができない
シニアカー・セニアカーにはバスケットやホルダー、リヤバッグなど手荷物の持ち運びに便利な機能を拡張できる取付アクセサリーが各種あります。
しかしレンタルの場合は当社が所有するシニアカー・セニアカーをお貸出しするため、当社からご提供したままの状態でお使い頂く必要があり、お客様がご自身でアクセサリーを取り付けることができません。
ただしディーカートのレンタルプランのオプションを利用すれば、一部アクセサリーを取り付けた状態で貸出しができますので、後述のオプションについてのご説明もあわせてご参照ください。
 

◎シニアカー・セニアカーのレンタルの流れ

シニアカー・セニアカーをレンタルする流れはとてもシンプルです。
ディーカートでシニアカー・セニアカーのレンタル開始から終了までの流れをご紹介します。
シニアカー・セニアカーのレンタルをご希望のお客様は、まずはシニアカー・セニアカーをレンタルしたい旨をお電話でお問い合わせください。
シニアカー・セニアカーの在庫状況と最短でご利用が始められる時期を担当者がお電話でお話させて頂きますので、他にもレンタル全般のご不明な点・心配な点があれば直接ご相談頂くこともできます。
レンタルのお手続きに進む場合、インターネットのお申込みフォームかファックスに申込人様情報、お届け先情報、レンタルプランの必要事項をご記入・送付頂き、お客様とご契約いたします。
ご契約後に当社口座にレンタル代金をお振込み頂き、納車するシニアカー・セニアカーの整備・点検が終わりましたら、お打合せした日時にご自宅まで配送させて頂きます。お手元に届きましたらその日から早速充電してご乗車頂けます。
シニアカー・セニアカーのレンタル終了期間が近づいて参りましたら、まずは返却予定日の1週間前までにお客様から当社へお電話でご連絡頂き、引上げ日時を決めます。ご指定の日時にご自宅までお伺いして返却頂いたシニアカー・セニアカーは、当社に持ち帰った後に検品をさせて頂きます。
シニアカー・セニアカーに大きな破損や損傷といったトラブルがなければそのままレンタルは終了となります。
この間、お使いになっているシニアカー・セニアカーの不具合や気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。
 

◎シニアカー・セニアカーのレンタルラインナップ

ディーカートではシニアカー・セニアカーの貸し出しラインナップとして、次の3つの車種をご提供しております。各ラインナップの特長に注目して解説を加えておりますので、必要な機能やご予算に合わせて選ぶ際の参考にしてください。
 
○スズキET4D
スズキの製品ラインナップのひとつであるET4Eの上級タイプです。
四輪サスペンション、ノーパンクタイヤ、レッグシールド、コーナリング自動原則装置など安全で安心の乗り心地を支える機能を標準装備したモデルが、お求めやすい価格で利用できる点が魅力です。
またET4Dに限りよりお得な価格でお使い頂ける6ヶ月プランもご用意しております。
 
○スズキET4D7-1(音声案内付)
ET4Dの2014年発売モデルで、音声と表示パネルによるお知らせ機能があり、傾斜注意・走行距離が追加されたため、音と視覚の両方で運転をサポートしてくれます。また車体の改良でハンドルも以前より少し細くして握りやすくなり、前進後進レバーや各種ボタンが大きくなって見やすさと操作性が改良されています。
より操作性や利便性を追求する方におすすめしたいモデルです。
 
○モンパルML200
スズキのET4Dシリーズとの大きな機能的違いは、乗り降りの際に座席を90度回転できる回転シートを採用している点です。両足を地面につけたまま回転させた座面に腰を下ろすことができるので乗り降りしやすく、バランス感覚や体を支える脚力に不安のある方におススメしやすい特徴があります。
一方でET4Dシリーズの走行距離が33kmに対してモンパルML200の走行距離は25kmと少し短めなので、シニアカー・セニアカーに走行距離を重視するならET4DかET4D7-1をおススメします。
 

◎オプションもレンタル可能

シニアカー・セニアカーには標準でフロントバスケットやハンドル下の足元に荷物を吊り下げできるフックといった、手荷物を便利に運べるスペースがあらかじめ用意されています。
シニアカー・セニアカーのレンタルはお貸出しした状態からお客様のほうで付属品を付けてお乗り頂くことはできませんが、実際にお使いになったお客様のご要望にお応えして、次の3つをオプションとして付けてレンタルすることができます。
 
○大型フロントカゴ
全てのシニアカー・セニアカーの前方には標準サイズのフロントカゴが付いておりますが、月300円の追加で大型のカゴに交換してお渡しができます。より多くの荷物を持ち運びするときにはご検討をおすすめいたします。
ただしスズキET4D-7(7型)は標準で大きいバスケットが付いているため交換できません。
 
○ステッキホルダー、松葉杖ホルダー
出かけた先で使うステッキや松葉杖を持って行きたいときは、両手でハンドルを持って安全に運転するためにもホルダーを付けることをおすすめします。
ステッキホルダーは月200円、松葉杖ホルダーは月400円のオプション料金となっています。ただしホンダ モンパルML200に松葉杖ホルダーをお付けすることができないので、松葉杖ホルダーをご希望の方はスズキET4DかスズキET4D7-1をご利用ください。
 

◎お客様の声

ディーカートのレンタルを利用されたお客様からお寄せ頂いた声をいくつかご紹介いたします。
 
○高齢になった父が日常生活で移動を便利にする目的でシニアカー・セニアカーを探したところ、インターネットで検索をしてディーカートを知りました。毎日乗るかわからなかったのではじめはレンタルにしましたが、届いた商品は整備や点検といった品質管理が優れていて清潔感もあり良かったです。
結局レンタルはそのまま購入し父も喜んで使っています。
 
○過去3台シニアカー・セニアカーを購入して乗っていましたが、パンクタイヤの交換やバッテリー交換などメンテナンス修理代がかかっていました。
それでも使うものなので仕方なく修理代を払っていたものの、シニアカー・セニアカーのレンタルがあることを途中で知り、今はレンタルのほうが楽な気がします。
 
○初めてレンタルを利用しましたが、対面ではないことに最初は不安もありました。しかし商品梱包や配送業者の対応、レンタルの流れを知りたくて電話したときの対応も良かったです。
レンタルは返却してその後別機種を購入しましたが、歩くには少し遠い場所へ移動するときに使っています。
 

◎シニアカー・セニアカーのレンタルまとめ

高齢者の毎日の移動を便利にし、自立した生活の良きパートナーであるシニアカー・セニアカーですが、在庫があればご契約後最短2~7日程度で、3ヶ月6万円弱からお気軽にお試し頂けるレンタルプランもあります。
当社ディーカートは福祉中古電動カート、電動シニアカーの販売・買い取り・修理を行う福祉車輌事業会社で、スズキセニアカーの安全運転指導店・横浜市指定補装具業者でもあります。
レンタル事業は神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県と、静岡県・山梨県の一部エリアのみですが、購入・買い取りは全国どこでも承っております。
シニアカー・セニアカーのレンタルやご購入・下取りでお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

▲ TOPへもどる